専用ケアが大切|キレイな目元にしよう|しわを解消して印象アップ

キレイな目元にしよう|しわを解消して印象アップ

このエントリーをはてなブックマークに追加

専用ケアが大切

化粧水

コラーゲンを増やす成分

ニキビをこじらせると、治ってからもニキビ跡が残ってしまうのでアフターケアもおろそかにできません。もしニキビ跡にお悩みなら、普段使う化粧品はニキビ跡専用のものを使いましょう。なぜなら、専用化粧品には、ニキビ跡に効く有効成分がたっぷり配合されているからです。例えば、ビタミンC誘導体もニキビ跡に効く有効成分の1つです。特にふくらみのあるニキビ跡は、ビタミンC誘導体が欠かせません。ニキビが治ったあと、肌がぼこぼこになっているのはコラーゲンの生成が足りないからです。ビタミンC誘導体はコラーゲンを増やす作用に優れているので、毎日塗るだけでコラーゲン量を増やしフラットな肌に回復させることができます。美白効果や引き締め効果も高く、刺激も少ないのでとても人気がある成分です。

ビタミンC誘導体の選び方

ニキビ跡が残ってしまったら、コラーゲンの生成を促進してくれるビタミンC誘導体配合の化粧品でお手入れしましょう。ビタミンC誘導体は水溶性と油溶性の2種類に大別できます。水溶性は馴染みやすく、浸透しやすいところが魅力です。一方、油溶性は皮膚に留まる時間が長く、長時間に渡って働きかけてくれるのが特徴です。最近は水溶性と油溶性の2種類のビタミンC誘導体をブレンドしている化粧品も登場していますが、2つの特徴を知っておくと選びやすいでしょう。また、高濃度になるほど溶けにくくなります。肌が弱い方だと刺激を感じるかも知れません。一度テスターやサンプルで肌の反応を調べてから使うと安心です。ニキビ跡を早く消すためにも、美白成分も一緒にブレンドされているものもおすすめです。